安い夏用冷感マスクをキャンドゥで見つけた

Reyslee Lサイズのパッケージ写真キャンドゥのアイテム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

さまざまな夏用マスクが販売されていますが、100円ショップCan Do(キャンドゥ)でも330円(税込)の冷感マスクが売っていたので、購入して使ってみました。(洗えるマスクなので100円ではありませんが、お値打ちですね。)

キャンドゥで購入した冷感マスクの紹介と使ってみた感想についてお伝えします。

100円ショップに売っている冷感マスクは冷たさを感じるのか、快適なのか、サイズはどうなのか、気になる方にとって参考になればと思います。

どんな冷感マスク? マスクの詳細について

Reyslee Lサイズのパッケージ写真

パッケージに「Reyslee Cool」と記載されている冷感フィットマスクです。
販売者名は「株式会社アントレイズ」という東京都新宿区の会社ですが、MADE IN CHINAです。

色はブラックのみでサイズはL(29.5×13.5㎝)とM(28×12.5㎝)がありました。(私が買った時の情報です。もしかしたら他の色やサイズがあるのかもしれません。)

私はLサイズを購入しました。

冷感マスクパッケージの裏側の写真

マスクの素材はポリエステルですが、このマスクの特徴は「REYCOOL」という冷たく感じる素材を使用しています。

呼吸時の適度な呼気により気化熱冷感を促す素材REYCOOLを使用しています。
マスク本体は何度でも洗って繰り返し使用できます。
(パッケージの裏面に記載)

また、UVカット加工もされているようです。

マスクが入った内袋の写真

パッケージを開けると包装されたマスクが入っています。

畳んだマスクの写真

袋から取り出すとこんな感じです。

広げたマスクの写真

フィットマスクって上下がわかりにくくないですか?(私だけでしょうか。)
特にこのマスクは上(鼻側)が丸くなっているので最初は迷いました。(鼻側ってとがっているマスクが多くないですか?)
上下を逆にして何度か着けて試してみたところ、上の写真の向きで着け心地が良かったので、合っていると思います。

マスクの内側の写真

マスクの内側の写真。REYCOOL素材の特徴です。

柔軟性、伸縮性のある生地と書かれていましたが、あまり伸びません。肌ざわりは悪くないですが、しっかりしていて、硬めの生地です。

使用してみた感想、個人的な意見

たしかにマスクを着けて呼吸するとやや冷たく感じます。(とても冷たい、涼しいと感じるわけではありません。)
夏に使用する場合は、不織布マスクや布マスクよりも暑さを抑えることができます。
ただし密着感や圧迫感は強いので、そのようなマスクが苦手な方は使用できないかもしれません。

Lサイズを購入しましたが、私の場合は、着けた時に耳までの奥行が短いというか、小さくて、きゅうくつでした。(顔が大きいのかもしれませんが、もう少しサイズが大きいほうが快適です。)
それでも1日使用してみましたが、耳は痛くなりませんでした。

色はブラックしかなかったので、別の色もあるといいですね。(個人的にはグレーが好きです。)