知多郡美浜町のあまーいトマト直売所(小鈴ファーム)に立ち寄ってみて!

ソプラノトマト、フルーツトマトの写真グルメ
この記事は約3分で読めます。

愛知県知多郡美浜町にある完熟トマト直売所の小鈴ファームをご紹介します。

小鈴ファームのトマトは採れたて、新鮮でとっても甘い絶品トマトです。
南知多のお立ち寄りスポットの1つとしておすすめです。

お店の情報や食べた感想などについてお伝えします。

小鈴ファーム 店舗の情報

小鈴ファーム駐車場とお店の写真

小さくてかわいらしいお店です。
美浜町から野間埼灯台へ向かう国道247号線沿いのS字カーブ左側にお店があります。
小鈴ファームから野間埼灯台までは、約1キロメートル(車で2分)ほどの距離です。

小鈴ファーム外観写真

直売所なので、お店の中に机や椅子はありませんでした。

お店の名前小鈴ファーム直売所
住所知多郡美浜町野間冨具崎266-1
電話番号0569-87-5154
営業期間12月中旬~6月中旬まで
定休日=期間中は無休
営業時間9:30~16:00
ホームページhttp://kosuzufarm.web.fc2.com/

営業期間がありますのでご注意ください。(毎年、期間が変わる可能性もあるため、お店にお問い合わせください。)

小鈴ファームの新鮮完熟トマトの種類

通常のトマトは、収穫から販売までに輸送や店頭陳列など、時間がかかるため、トマトがまだ青いうちに収穫しているようですが、小鈴ファームのトマトは、こまめな水分管理と温度管理を行い、木でしっかり完熟させてから収穫するため、糖度が高く、新鮮でおいしいトマトを作ることができるそうです。

いろいろな品種のトマトが並んでいます。

いろいろな種類のトマトが並んでいる写真

私が14:00頃にお店に訪れた時は、ソプラノトマト、プレミアムソプラノトマト、ルネッサンストマト、フルーツトマト、とまと王子、美浜の塩トマトの6種類のうち、とまと王子と美浜の塩トマトが売り切れていました。

ちなみに「とまと王子」は、小鈴ファームのオリジナルの品種でパリッとした皮と強い甘みが特徴のトマトです。

また、「美浜の塩トマト」は、海水から抽出した美浜の塩を使って栽培したトマトで、トマトのうまみが凝縮されているようです。

両方とも食べてみたかったので残念。
特に土・日などは、できる限り午前中の早い時間に行くことをおすすめします。

また、それぞれのトマトの上に糖度が表示されたシールが張ってあるので、わかりやすいですね。

いろいろな種類のミニトマトが並んだ写真

ミニトマトもありました。

トマトの種類が書いてある黒板の写真

トマトの収穫時期が書かれていました。
これを見ると、4月頃に行くといろいろな種類のトマトに出会うことができますね。

その他のトマトメニュー、トマトソフトクリーム?

トマトメニューの写真

小鈴ファームは、トマトを加工した、トマトジュースやトマトソフトクリーム?、トマトジェラート、トマトフラッペ、トマトシェイク?などのメニューもあります。

トマトソフトの写真

トマトソフトクリームを食べてみました。(ミニトマトが埋まっていて斬新!)
色は薄いピンク色です。少しトマトの酸味や風味は感じますが、ほぼソフトクリーム味でした。

購入したトマトと食べた感想

2種類のトマトを購入しました。

ソプラノトマト、フルーツトマトの写真

ソプラノトマトは糖度9度、フルーツトマトは糖度8.5度です。
完熟したきれいな赤色で新鮮そのものです。

食べてみるとどちらも驚くほど甘い。フルーツのような甘さです。
ソプラノトマトは甘いだけでなくトマトの味や酸味もしっかりあります。
フルーツトマトは果実も固く歯ごたえがしっかりしていて、トマトが苦手な方でもフルーツ感覚で食べることができるように思いました。どちらも絶品。

美浜町は、魚介類などの活魚料理やみかん(「みはまっこ」という品種)がおいしくて有名ですが、おいしいトマトも生産されていることがわかりました。

美浜町、南知多に出かけることがあれば、ぜひ、立ち寄ってみてください。